arsro.net

「HIGH OUTPUT MANEGEMENT」を読んだのでマネジメントについて整理

#読書

HIGH OUTPUT MANAGEMENTを読んだので、 マネジャーの役割、生産性の向上、効果的な意思決定、自己認識の重要性、そして部下の業績向上を支援するための方法についてざっと整理しておく。

  1. マネジャーの活動: マネジャーは情報収集、情報提供、意思決定、ナッジング、役割モデルなどの活動を行っている。これらの活動の多くはミーティングを通じて行われ、ミーティングはマネジャーにとって重要な手段である。

  2. 部下の業績向上: マネジャーの主要な仕事は、部下から最高の業績を引き出すことである。これには訓練と動機づけの両方が必要だ。

  3. 生産性の向上: マネジャーの生産性は、活動の速度を速めること、テコ作用を増加させること、活動のミックスを改善することで向上することができる。

  4. 権限委譲: 権限委譲は必要だが、委譲したタスクに対する責任を放棄してはならない。タスクのモニタリングが重要だ。

  5. 意思決定プロセス: 効果的な意思決定には、事前に重要な質問を自問自答することが含まれている。これには、どのような決定が必要か、いつ決めるべきか、誰が決めるかなどがある。

  6. マネジメントスタイル: コミュニケーション志向と明確な構造のあるスタイルのどちらも重要である。効果的なスタイルを選ぶことが求められる。

  7. 自己認識: マネジャーは自己認識を持ち、自分自身のアウトプットと部下のタスク習熟度を把握し、適切なマネジメントスタイルを選ぶべきである。

  8. 付加価値の創出: マネジャーは情報を流すだけでなく、付加価値をどのように高めるかを考える必要がある。

  9. ミーティングの効果的な使用: マネジャーはミーティングを効果的に使用する必要があり、プロセス中心と使命中心の二種類のミーティングが存在する。

  10. 目標設定: 明確な目標設定が重要であり、どこへ到達したいかを自問し、そのための行動計画を作成することが求められる。

最近のポスト