arsro.net

「ドリルを売るなら穴を売れ」を読んだ

#読書

1/ 4P

顧客に価値を提供し、その対価としてお金をもらうための具体的手段、価値を具現化するもの

※4つのPriceは、単なる価格の話ではなくて、コストと見た方がよさそう。(ex 学習コスト)

2/

製品·サービスがよいかどうかは、使ったり買ったことがない人には関係 がない。 買ったことがない人には、よいだろうと「感じてもらうこと」が重要なのだ。そのためには、価値や差別化ポイントを「伝える」ことが必要になる。その「価値を伝える」ことが広告·販促の役割だ。

3/

マーケティングに売れる売れないはあっても、良い悪いはあまりない。 しかし、今まで説明してきたべネフィット(顧客にとっての価値)、ターゲット顧客、差別化戦略、4Pに一貫性があることは、良いマーケティングの必要条件だ。 そしてそれこそが戦略的なマーケティングであり、顧客ターゲット戦略,差別化戦略4Pという戦術を通じて実現され、結果として戦略から戦術までの一貫性がとれるのだ。

最近のポスト