arsro.net

「INSPIRED 熱狂させる製品を生み出すプロダクトマネジメント」を読んだ

#読書

製品開発に失敗する根本的な原因

製品開発が失敗する根本的原因

製品開発が失敗する根本的原因

皮肉なことに多くの開発チームが自分たちはリーンの原則を採用していると信じている。だが実際は、今説明した基本的なプロセスをたどっているのだ。そこで私は忠告してあげたい。あなたがたは、知り得るかぎり最も費用と時間がかかる方法でアイデアを試しているのだ

製品に関する2つの不都合な真実

リスクには最後ではなく最初に取り組む。

MVPはプロトタイプであって製品ではない。

知識を得るために実際の製品と同じ品質のものを作るのは、たとえ最小限の機能に抑えたとしても相当な時間と費用の浪費であり、言うまでもなくリーンとは対極にある。

プロダクトマネージャーとして成功するために

  1. あなたは目に見えないところで課されている制約を理解している。

  2. あなたはそうした制約の下で実行できると考える解決策だけを提案する。

ロードマップに変わるもの

OKRの基本理念

  1. どうやるかを指示してはならない。何をすべきかを指示すればいい

  2. パフォーマンスは結果で測る。

製品発見の原則

両方とも妥当なリスクだが、私の経験では、概して取り組みやすいリスクである。

プロトタイプの基本的な目的

良い開発チーム・悪い開発チーム

Copy of 「INSPIRED 熱狂させる製品を生み出すプロダクトマネジメント」を読んだ。

最近のポスト